西の郭未申櫓跡(ニシノクルワ ヒツジサルヤグラアト)

更新日:2012年03月29日(木)

焼失した建物

弘前城(弘前公園)西の郭未申櫓跡

西の郭には、西側の土塁に沿って御馬場や御矢場が作られたほか、各地の珍しい植物を植えた「御花畑」などがあったと伝わっています。
この櫓は、1765年(宝暦6年)の絵図によれば3階建てであったことがわかっていますが、1906年(明治39年)に煙草の火の不始末で焼失してしまったそうです。

基本情報

場所 西の郭
建築年代 不明

位置


より大きな地図で 西の郭未申櫓跡 を表示

写真でみる

弘前城(弘前公園)西の郭未申櫓跡の様子

高台の上の櫓

横からみるとわかりやすいでしょうか。土塁が盛られ、高台になっています。
この上に当時は、西の郭未申櫓が建っていました。


弘前城(弘前公園)西の郭未申櫓跡の様子

櫓の礎石

その高台の様子です。櫓の礎石が残り、当時の面影を覗かせます。

周辺施設・スポット

弘前城(弘前公園)天守

天守/御三階櫓

江戸時代に築かれ日本に現存する12の天守のうち、最北端に位置する天守です。
詳しく見る


弘前城(弘前公園)西濠

西濠

弘前公園の西の外周を囲むこの西濠は、さくらまつり期間中には有料のボートが貸し出されています。
詳しく見る


弘前城(弘前公園)蓮池濠

蓮池濠

蓮池の北側の岸には東屋がしつらえられており、季節がくると、水面に浮かぶ蓮に目をやりつつ休息を取ることができます。
詳しく見る


弘前城(弘前公園)埋門跡

埋門跡

埋門とは、石垣などの間に築かれる裏門の一形式で、1676年(延宝4年)の規定によると普段は扉を閉めていました。
詳しく見る

最寄りの出口

弘前城(弘前公園)工業高校口

工業高校口

工業高校口は、かつて埋門があった場所がそのままに活用されています。入城してすぐのところに古木名木として名高い「根上がりイチョウ」があります。

最寄のトイレ


より大きな地図で 工業高校口前トイレ を表示

工業高校口前トイレ

西の郭にある埋門跡のすぐそばにあります。
トイレの標識は、人々に解りやすい標識でありながら、公園の景観を損なわないデザインになっております。

跡一覧

弘前城(弘前公園)子の櫓跡

子の櫓跡

櫓の中には、武具の他に藩庁日記なども保管されていたと言います。

詳しく見る

弘前城(弘前公園)本丸戌亥櫓跡

本丸戌亥櫓跡

城郭に取り付く敵を攻撃したり物見のために造られました。

詳しく見る

弘前城(弘前公園)籾蔵跡

籾蔵跡

平成12~13年の発掘調査で、籾蔵を構成する礎石列が確認されました。

詳しく見る

弘前城(弘前公園)館神跡

館神跡

館神は、2代藩主信牧が太閤豊臣秀吉の木像を御神体として安置した場所でした。

詳しく見る

弘前城(弘前公園)埋門跡

埋門跡

弘前城の築城当初、今の馬屋町一帯も城郭の一部として「外郭」と呼ばれていました。

詳しく見る

弘前城(弘前公園)旧天守跡

旧天守跡

(本丸未申櫓跡)

この地には弘前城築城当初、5層の天守がありました。

詳しく見る

弘前城(弘前公園)御宝蔵跡

御宝蔵跡

この御宝蔵には、青山と呼ばれた琵琶や、小野小町が持っていたと伝えられる琴があったといわれました。

詳しく見る

弘前城(弘前公園)御金蔵跡

御金蔵跡

1673年(寛文13年)の絵図面に記載が見られますが、1680年(延宝8年)に建設されたとも言われています。

詳しく見る

弘前城(弘前公園)本丸井戸跡

本丸井戸跡

籠城の際の生命線となる井戸の跡です。

詳しく見る

弘前城(弘前公園)本丸御殿玄関礎石

本丸御殿玄関礎石

この礎石に、本丸御殿の玄関の柱が建てられていました。

詳しく見る

弘前城(弘前公園)御日記蔵跡

御日記蔵跡

弘前藩庁日記と呼ばれる日記は、現在4200冊余が残されていますが、これを保存した蔵がここにありました。

詳しく見る

弘前城(弘前公園)武者屯御門跡

武者屯御門跡

長勝寺構の黒門と同様の高麗門形式で、門扉は2枚扉になっていたといいます。

詳しく見る

弘前城(弘前公園)時太鼓櫓跡

時太鼓櫓跡

場内で時間を知らせるために太鼓を打ち出した場所で、1686年(貞享3年)にはじめられたと言います。

詳しく見る

弘前城(弘前公園)賀田御門跡

賀田御門跡

賀田御門は、三の丸の北門として旧賀田城(岩木町大浦城)の大手門を移築したと伝えられています。

詳しく見る

弘前城(弘前公園)西の郭未申櫓跡

西の郭未申櫓跡

この櫓は、三階建てであったことがわかっていますが、煙草の火の不始末で焼失してしまったそうです。

詳しく見る


[更新日:2012-03-29| カテゴリー: ]
PR