館神跡 (タテガミ アト)

更新日:2012年03月29日(木)

裏門の一形式

館神は、2代藩主信牧が太閤豊臣秀吉の木像を御神体として安置した場所でした。ここでは、藩主や場内の安全などにかかわる加持祈祷が取り行われており、ここへ出入りできたのは、藩主や神官やその家族など、ごく限られた人だったと言います。
平成11年~12年度の発掘調査では、鳥居の礎石や本殿の柱穴、柵列跡などの遺構が確認されたほか、藩政時代の陶磁器や時が多数出土しました。
発掘された遺構は盛り土により保護し、その上に鳥居の礎石及び柱、本殿の柱、柵列の柱を表示しました。また、通路が遺構の配置や絵図を参考に設定しました。

基本情報

場所 北の郭(有料区域内)
建築年代 不明
本丸入場料金 大人:300円/子供:100円
団体(10名以上)の場合
大人:240円/子供:80円

位置


より大きな地図で 館神跡 を表示

写真でみる

櫓跡付近には東屋

現在、石垣には東屋があり、また、その隣には見事なソメイヨシノもあります。


それぞれの跡

手前が鳥居跡、奥が本殿柱跡です。

周辺施設・スポット

北の郭東屋

この場所は、桜と濠と城を1枚の写真に収めることができるため、桜のシーズンには多くのカメラマンが訪れます。
詳しく見る


鷹丘橋

濠を隔て、本丸と北の郭に架かる橋です。藩政時代は、敵の侵入を防ぐため、戦時には壊される架け橋でした。
詳しく見る


武徳殿休憩所

武徳殿は、柔剣道の練習場として明治末期に建設されたものです。現在は土産物店や喫茶店などになっています。

詳しく見る


内濠

本丸、二の丸、北の郭をそれぞれ隔てる濠です。二の丸から本丸へは下乗橋が、北の郭から本丸へは鷹丘橋がかかります。
詳しく見る

最寄りの出口

亀甲門口

四の丸向かい、亀甲門をくぐると出口が見えます。
道路を挟んで斜め向かいには石場家住宅があり、そちらも観光スポットとなっています。

最寄のトイレ


より大きな地図で 武徳殿前トイレ を表示

武徳殿前トイレ

北の郭、鷹丘橋から西口券売所までの間、武徳殿休憩所付近にあります。
トイレの標識は、人々に解りやすい標識でありながら、公園の景観を損なわないデザインになっております。

跡一覧

子の櫓跡

櫓の中には、武具の他に藩庁日記なども保管されていたと言います。

詳しく見る

本丸戌亥櫓跡

城郭に取り付く敵を攻撃したり物見のために造られました。

詳しく見る

籾蔵跡

平成12~13年の発掘調査で、籾蔵を構成する礎石列が確認されました。

詳しく見る

館神跡

館神は、2代藩主信牧が太閤豊臣秀吉の木像を御神体として安置した場所でした。

詳しく見る

埋門跡

弘前城の築城当初、今の馬屋町一帯も城郭の一部として「外郭」と呼ばれていました。

詳しく見る

旧天守跡
(本丸未申櫓跡)

この地には弘前城築城当初、5層の天守がありました。

詳しく見る

御宝蔵跡

この御宝蔵には、青山と呼ばれた琵琶や、小野小町が持っていたと伝えられる琴があったといわれました。

詳しく見る

御金蔵跡

1673年(寛文13年)の絵図面に記載が見られますが、1680年(延宝8年)に建設されたとも言われています。

詳しく見る

本丸井戸跡

籠城の際の生命線となる井戸の跡です。

詳しく見る

本丸御殿玄関礎石

この礎石に、本丸御殿の玄関の柱が建てられていました。

詳しく見る

御日記蔵跡

弘前藩庁日記と呼ばれる日記は、現在4200冊余が残されていますが、これを保存した蔵がここにありました。

詳しく見る

武者屯御門跡

長勝寺構の黒門と同様の高麗門形式で、門扉は2枚扉になっていたといいます。

詳しく見る

時太鼓櫓跡

場内で時間を知らせるために太鼓を打ち出した場所で、1686年(貞享3年)にはじめられたと言います。

詳しく見る

賀田御門跡

賀田御門は、三の丸の北門として旧賀田城(岩木町大浦城)の大手門を移築したと伝えられています。

詳しく見る

西の郭未申櫓跡

この櫓は、三階建てであったことがわかっていますが、煙草の火の不始末で焼失してしまったそうです。

詳しく見る


[更新日:2012-03-29| カテゴリー: ]
PR