2014年度 弘前市立博物館 年間展示案内

更新日:2014年03月25日(火)
Pocket

2014年度の弘前市立博物館の年間展示情報

2014年度の弘前市立博物館の年間展示情報が公開されました!

弘前市立博物館では毎年様々な展覧会を開催し、多くの観光客や地元の市民を楽しませています。
今年は4月5日から大名家の美術と題し、江戸時代の大名の美意識について紹介します。5月24日からはミュシャ展が開催され、日本初公開となる素晴らしいコレクションの数々をご覧いただけます。
弘前市立博物館公式ホームページの展覧会一覧はこちら

弘前市立博物館のリニューアルオープン(一般公開)は4月5日!

先日リニューアル後の見学会が行われたばかりの弘前市立博物館ですが、一般への公開(オープン)は4月5日です!
報道陣などに向けて行われた見学会の様子はこちら 「弘前市立博物館リニューアル後の施設見学会が行われました」

2014年度 弘前市立博物館 年間展示スケジュール

4月5日(土)~5月11日(日)
大名家の美術
中国渡来の絵画や狩野派のお抱え絵師の屏風、華やかな工芸品などを一堂に展示し、江戸時代の大名の美意識を紹介します。
5月24日(土)~6月29日(日)
知られざるミュシャ展
-故国モラヴィアと栄光のパリ-
日本初公開となるミュシャの祖国チェコの個人コレクションの中から代表作をはじめ油彩・水彩・デッサン画、自身のデザインによる紙幣、切手、写真など新たなミュシャ芸術を紹介します。
東北初公開のコレクションです。
※期間中は休館日なし
※展示室の都合上、常設展示はありませんのご注意ください。
7月12日(土)~9月15日(月)
まつりと美術
北国の夏を彩るねぷたまつり、豊かな稔りを感謝するお山参詣、江戸時代最大の祭り八幡宮祭礼行列など、津軽の祭りと美術を紹介します。
9月27日(土)~11月16日(日)
名画の花束
江戸時代の伝統的な絵画作品とヨーロッパ絵画はどう違うの?似ているところはどこ?題材や表現の仕方など、美術の知識を楽しみながら学ぶ大人と子どものための展覧会です。
※期間中は休館日なし
11月29日(土)~1月18日(日)
つがる考現学展
考現学の提唱者今和次郎と弟順三とのやりとりや、大正・昭和の時代を切り取った考現学資料を展示し、当時の世相を解剖します。
2月1日(日)~3月22日(日)】
おひなまつり
津軽家ゆかりの雛道具を中心に、雛人形や挿絵など華やかにかざりつけ、津軽の春を先取りします。
■常設展示
津軽の歴史~藩主たちの時代~
藩祖津軽為信以来の藩主たちの実績を辿りながら、弘前藩の歴史を系統的に紹介しています。
※展示会の内容や日程は変更になる場合があります。
詳しくは弘前市立博物館へお問い合わせください。

お問い合わせ

▼弘前市立博物館
TEL:0172-35-0700
弘前市立博物館公式ホームページ

弘前市立博物館周辺のマップ


より大きな地図で 市立博物館 を表示

PR