弘前市で2014年2月に弘前公園の樹木医採用試験「桜守」

更新日:2013年12月19日(木)
Pocket

弘前公園 桜とぼんぼり弘前市では17日、弘前公園の桜の管理を行う樹木医の採用試験を来年2月に行うと発表しました。
弘前公園の桜は、弘前市役所の樹木医「小林勝・公園緑地課参事」によって管理され、守られてきました。来年小林さんが定年を迎えることから、新たな樹木医を募集しているとのことです。

来年度は樹木管理を専門に行う部署を設置する方向で進められているようで、弘前市の桜の管理技術を後世に伝える「桜守(さくらもり)」を育て、永続的に桜を守っていけるような仕組みづくりとなるようです。

現在の管理責任者、樹木医の小林勝・公園緑地課参事は、樹木医の兄・範士(のりお)さんから引き継ぐ形で2004年から桜などの管理を行ってきており、
「弘前方式」と呼ばれるリンゴ栽培などを参考にした管理方法をとっています。

全国的にも有名な桜の名所「日本一の桜」と呼ばれる弘前公園(弘前城)の桜を守っていくため、今後も体制的な管理ができるよう取り組んでいくとのことです。

職員採用試験案内について 【樹木管理専門職】

■受付期間:2014年1月14~31日
■試験日:2月15日(採用は原則4月1日付)
■採用予定人員:1人
■受付:弘前市 人材育成課(窓口か郵送)
■お問い合わせ先:弘前市 人材育成課(電話0172-35-1119)
樹木管理専門職 試験案内

PR