【弘前城石垣修理のQ&A】2015年の弘前さくらまつり期間中、弘前城天守はどうなるの?

更新日:2015年03月06日(金)
Pocket

2015_0306_hirosakipark全国で桜の開花予想が発表され、青森県でも弘前さくらまつりのムードが少しずつ高まってきました。
(写真は昨年のもの)

今年は弘前城本丸の石垣修理のため、弘前城天守が曳屋される年でもあります。

今回は、弘前さくらまつり期間中の弘前城天守、また、曳屋にまつわるQ&Aをまとめてみました。

弘前城石垣修理の年間工程についてはこちら!


Q:弘前さくらまつり期間中、弘前城天守には入場できるの?

A:できます。
4月1日~5月10日まで、弘前城天守が公開されます。


Q:いつまで弘前城天守に入れるの?

A:5月10日までです。
5月11日より天守を閉め、曳屋工事の準備(工事用の足場やレールの設置)が開始します。
5月11日以降も、本丸・北の郭への入場は可能だそうです。


Q:曳屋はいつから?

A:2015年8月下旬からです。
曳屋工事の開始は、8月下旬に予定されています。
2015年の弘前さくらまつりまでは、天守を現在の位置で見ることが可能です。
天守を約70m、本丸の内側へ移動します。


Q:埋め立てた濠の上を歩ける?

A:さくらまつり期間中は開放されます。
さくらまつり期間中(4月23日~5月6日)は、埋め立てた内濠が来園者に開放されます。


Q:公開中(4月1日~5月10日)は展示品が見られるの?

A:いいえできません。
天守曳屋工事に備えるため、展示品がない状態での公開となります。
調査のためにはがした床をそのままにし、床下の構造や、柱、出格子等を見ることが出来ます。


Q:次の弘前城天守の公開はいつ?(今年の弘前さくらまつり以降)

A:平成28年4月1日(予定)です。
弘前城天守は平成28年4月1日から移設先で公開される予定です。

石垣修理に対する寄付について

弘前城の石垣の修理に対する寄付は、ふるさと納税として受付されています。
詳しくはこちらのリンク先(弘前市役所ホームページ)をご覧ください。

お問い合わせ

石垣修理についてのお問い合わせは
弘前市役所 公園緑地課
TEL:0172-33-8739

ご理解ご協力をお願いいたします

今後、工事にともない、車両の出入りなどがあります。
弘前城を守るため、後世に継承するため、避けて通ることのできない事業です。
何卒、皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

▼弘前城石垣修理事業の詳細についてはこちらをご参照ください

弘前城石垣修理についてはこちら

PR