倒木した「二の丸大枝垂れ」、復活へ向けてひたむきに咲く【弘前公園・弘前城】

更新日:2014年05月03日(土)

弘前さくらまつりが開催されている弘前公園には、2011年に豪雪などで倒木した園内最大のシダレザクラ「二の丸大枝垂れ」があります。
二の丸大枝垂れは1914年植栽された「弘前市古木名木」の一つで、接ぎ木や治療に努め、再生に取り組んできました。
写真の通り、今年もまた見事に花を咲かせました。

弘前市公園緑地課参事で桜守の小林勝さんは「昨年より花が多く枝も増えている。今後は上に枝が伸びるよう工夫していく」と話しているとのこと。

5月1日から「二の丸大枝垂れ」も散ってきているとのことなので、ゴールデンウイーク後半はぜひこの「二の丸大枝垂れ」を見に来て下さいね。

2008年、雪害で折れる前の「二の丸大枝垂れ」

シダレザクラ「二の丸大枝垂れ」
シダレザクラ「二の丸大枝垂れ」

2013年、折れた後も頑張って桜を咲かせる「二の丸大枝垂れ」

シダレザクラ「二の丸大枝垂れ」

2014年、すこしづつ回復し桜の数も多くなった「二の丸大枝垂れ」

シダレザクラ「二の丸大枝垂れ」

樹木医・小林勝さんは、枝を切ることがタブーだった桜に、積極的に剪定(せんてい)を行い、青森県弘前市の弘前公園の桜の木の生命力を引き出すことに成功した方です。

2011年、大雪で根元から倒れてしまった弘前公園の名物でもある「二の丸大枝垂れ」の1年以上にわたる復活に挑んだ物語がドキュメンタリーとして「NHK プロフェッショナル 仕事の流儀」(テレビ)で放送されました。


PR