桜の開花情報の、三分咲き、五分咲き、七分咲き、満開とは?

「○分咲き」が決まるのは、標準木の「樹冠の開いている花の数」の割合

三分咲きの桜(弘前城のある弘前公園)

桜の花の「○分咲き」とは、標準木の樹冠(左の写真)の、開いている花の数の割合で判定されています。
三分咲き、五分咲きの「分」は「10分の1」という意味合いをもち、三分咲きは「三割の花が開いていて、七割がつぼみの状態」を指します。

弘前公園・弘前城の桜の開花予想・開花情報はこちら
弘前さくらまつり2016 桜の開花予想・開花情報(別サイトへ移動します)

開花から葉桜までの様子

開花 標本木で5〜6輪以上の花が開いた状態

開花

標本木で5〜6輪以上の花が開いた状態

三分咲き 意味 標本木の樹冠で約3割の花が開いた状態

三分咲き

標本木の樹冠で約3割の花が開いた状態

五分咲き 意味 標本木の樹冠で約半分の花が開いた状態

五分咲き

標本木の樹冠で約半分の花が開いた状態

満開(8分咲き)意味 標本木で8割以上のつぼみが開いた状態

満開(八分咲き)

標本木で八割以上のつぼみが開いた状態

散り始め 意味 花びらが落ち始めた状態

散り始め

花びらが落ち始めた状態

葉桜 意味 桜の花が散り、若葉が出始めた頃~新緑で覆われた状態

葉桜

桜の花が散り、若葉が出始めた頃~新緑で覆われた状態

開花宣言からどのくらいで満開になる?

満開の桜(弘前城のある弘前公園)

開花から満開(八分咲き)までは、地域によって異なり、北上するほど短くなります。
※それぞれの地域で標準木となる桜(ソメイヨシノ)で観測しています。

九州~東海・
関東地方
約7日
北陸・東北地方 約5日
北海道地方 約4日

桜の開花期間(開花~散り始め頃まで)はどのくらい?

桜の開花期間(弘前城のある弘前公園)

約10日~約2週間程度と、地域や気候によって差が出ます。
桜の花は、満開から1週間程度で徐々に花が散ります。しかし、雨が降ったり強い風が吹くと花は早く散ります。花が咲いてから気温が下がると、花が長持ちします。

弘前公園や弘前城の、などの見どころや風景を動画で紹介している「動画でみる弘前公園」ページでは、桜の開花期間の弘前公園の様子もご覧いただけます。ゆったりとした時間が流れ、まるで弘前公園でのんびり散歩しているような「自然の音や風景」をお楽しみいただけます。
動画でみる弘前公園

弘前さくらまつりサイト