2013年5月7日(火)弘前さくらまつり 準まつり体制1日目の様子(開花状況)

投稿 2013.05/07

2013_0507_012013_0507_022013_0507_052013_0507_04
外濠・内濠・園内が満開となった2013年5月7日(火)の弘前公園。さくらまつり15日目を迎えた弘前公園・弘前城の様子を写真とともにお知らせいたします。

弘前さくらまつりが昨日で終了し、本日からは準まつり体制として2日間延長され、8日まで弘前の桜を楽しむことが出来ます。

さらに、5月9日から5月12日までの4日間、本丸・北の郭では無料開放などを行う『まだまだ咲いてる桜キャンペーン』が行われることが決定しました。

→ 夜桜ライトアップや特別公開など5月12日まで延長!本丸、北の郭は無料開放へ(記事)

午前中はどんよりとし厚い雲で覆われていた弘前公園上空も、正午をすぎるとだんだんと薄くなりました。
肌寒い風はまだ吹いていますが、ジャケットを着こんだ地元の市民やツアー客の皆さんがお花見を楽しんでいました。
下乗橋前には取材陣も訪れ、満開を迎えた弘前公園内の撮影をする姿も見られました。

【写真:弘前公園の様子(2013年5月7日正午頃)】

明日(5月7日)は、晴れときどき曇りの予報です。(日本気象協会 弘前のピンポイント天気 2013年5月7日 18時発表)

朝晩まだ冷え込むことが多い季節です。上着を羽織って弘前公園へお越しください。

開花予想・開花状況や雨の日でも楽しめる施設もご紹介しております!
天気予報をチェックし、こちらもあわせてご覧ください。
→ 雨の日でも楽しめる弘前公園内施設と近隣施設
→ 2013年5月7日付 弘前公園の桜の開花状況・満開予想発表(記事)

弘前さくらまつり 15日目 植物園の様子

2013_0507_062013_0507_072013_0507_082013_0507_10
2013_0507_112013_0507_122013_0507_092013_0507_31

弘前さくらまつり 15日目の様子

2013_0507_032013_0507_132013_0507_142013_0507_15
2013_0507_162013_0507_172013_0507_182013_0507_19
2013_0507_262013_0507_272013_0507_292013_0507_20
2013_0507_212013_0507_222013_0507_252013_0507_28

スポンサーリンク

2013年の弘前さくらまつりの様子(記事)

弘前さくらまつり2013の様子を、写真とともにご紹介しております。
2013年4月23日(火)弘前さくらまつり1日目
2013年4月24日(水)弘前さくらまつり2日目
2013年4月25日(木)弘前さくらまつり3日目
2013年4月26日(金)弘前さくらまつり4日目
2013年4月27日(土)弘前さくらまつり5日目
2013年4月28日(日)弘前さくらまつり6日目
2013年4月29日(月)弘前さくらまつり7日目
2013年4月30日(火)弘前さくらまつり8日目
2013年5月 1日(水)弘前さくらまつり9日目
2013年5月 2日(木)弘前さくらまつり10日目
2013年5月 3日(金)弘前さくらまつり11日目
2013年5月 4日(土)弘前さくらまつり12日目
2013年5月 4日(土)弘前さくらまつり夜桜の様子
2013年5月 5日(日)弘前さくらまつり13日目
2013年5月 6日(月)弘前さくらまつり14日目

弘前公園をもっと楽しみたいなら

弘前公園総合情報サイト弘前公園は、城門や櫓、濠など当時を偲ばせるたくさんの遺構や、春のさくらまつり、秋の紅葉まつり、冬の雪燈籠まつりなど、 季節に合わせて様々なイベントが催される、弘前市民の憩いの場となっています。

弘前公園総合情報サイトでは、アクセス方法やイベント情報、弘前公園・弘前城の地図や弘前城周辺情報など、弘前公園の春夏秋冬さまざまな情報や歴史を紹介しております。
撮影スポットや散策モデルコースなども掲載しておりますので、見どころたっぷりの弘前公園・弘前城へ、ぜひお越しください!
→ 弘前公園総合情報サイトはこちら
→ 弘前公園撮影スポットはこちら
→ 弘前公園散策モデルコースはこちら

スポンサーリンク

各種お問い合わせはこちら

桜の開花予想・開花状況について

弘前市役所 公園緑地課
TEL:0172-33-8739

弘前さくらまつり期間中の交通案内・バス・駐車場情報について

弘前市役所
TEL:0172-35-1111

PR

動画で見る弘前さくらまつり(空撮映像)2019さくらまつり 花筏予報(弘前公園)

弘前公園に桜が植えられたのが1715(正徳5)年、藩士が京都の嵐山からカスミザクラなどを持ち帰ったのが始まりだといわれています。

その後、明治に入って荒れ果てた城内に1000本のソメイヨシノが植栽され、一部の士族から「城を行楽の地にするとは何事か」と引き抜かれることもありましたが、やがて明治維新の混乱も収まり1895(明治28)年には弘前城跡が公園として一般開放されました。

その後もソメイヨシノの植栽は続き、大正時代には弘前公園は見事な桜で埋め尽くされ、現在では約2600本の桜が一面に咲き誇り、西堀では桜がトンネルのように頭上を覆います。

→ 弘前さくらまつりに関する情報はこちら
→ 弘前公園・弘前城へのアクセス方法はこちら

手ぶらで観桜会 2019年弘前さくらまつり期間限定企画 桜の名所弘前城 ちょっと贅沢なお花見プラン

青森の郷土料理や地酒を楽しみながら、弘前城の桜を満喫しませんか?

弘前のお花見を楽しむなら、面倒なセッティングや後片付け不要の手ぶらで観桜会をチェック!