このページをシェアする

弘前公園 最長寿のソメイヨシノ

東内門付近にあり、旧藩士の菊池楯衛から1882年(明治15年)に寄贈されたもので、現存するソメイヨシノでは日本最古のものです。推定年齢は139年(2021年現在)。
ソメイヨシノは成長が早いわりに寿命が60年から80年とされていましたが、弘前公園のソメイヨシノは樹齢100年を越すものが300本以上あって、立派に花を咲かせていることから、その管理技術は多くの専門家から日本一と絶賛されています。

弘前公園 最長寿のソメイヨシノの場所

場所:二の丸(東内門付近)

Recommendおすすめ