駐車場情報

弘前公園近郊の駐車場をご紹介いたします。

弘前さくらまつり期間中は、弘前市内および弘前公園周辺は毎年大変混雑します。 駐車場情報をまとめた「弘前さくらまつり 交通案内マップ」をぜひ参考にしてみてください。特に土・日・祝日は公園周辺道路の渋滞が予想されます。渋滞時には、JR弘前駅付近の駐車場などをご利用くださるよう、お願いいたします。

弘前さくらまつり期間の交通情報はこちら⇒(公益社団法人 弘前観光コンベンション協会サイト

2018 弘前さくらまつり 交通案内マップ

2018年 弘前さくらまつり の駐車場情報

有料駐車場(2018年4月18日~5月6日の期間)

※料金は変更になっている可能性もございます。詳しくは各施設へお問い合わせください。

①弘前市役所

料金 普通車   30分ごとに100円(最初の1時間は無料)
夜間駐車  1泊540円(午後10時から翌朝7時まで)※車の出入りはできません
場所 弘前市大字上白銀町1-1
お問い合わせ TEL:0172-35-1111
弘前市役所ホームページ
備考 利用時間は7:00~22:00(22:00以降は出庫できません)
(※2018年4月18日~5月6日の期間。通常は7:00~21:30)
市役所駐車場について、左折による出入庫にご協力をお願いします。なお、平日は来庁者優先です。また、混雑の状況によっては出庫に1時間以上要する場合がございますので予めご了承ください。

②市立観光館

料金 普通車   30分ごとに100円(最初の1時間は無料)
夜間駐車  1泊540円(午後10時から翌朝8時まで)※車の出入りはできません
場所 弘前市大字下白銀町2-1
お問い合わせ TEL:0172-37-5501
市立観光館ホームページ
備考 追手門広場内にあり、地下に普通車88台を収容できる広さの駐車スペースがあります。
利用時間は8:00~22:00(22:00以降は出庫できません)

③弘前文化センター

料金 普通車   30分ごとに100円(最初の1時間は無料)
夜間駐車  1泊540円(午後10時から翌朝8時まで)※車の出入りはできません
場所 弘前市大字下白銀町19-4
お問い合わせ TEL:0172-33-6571
弘前文化センターホームページ
備考 弘前公園東門のすぐそばにあり、収容台数110台の駐車場です。
利用時間は8:00~22:00(22:00以降は出庫できません)

④津軽藩ねぷた村

料金 さくらまつり期間中は1回1,000円 (通常1時間200円、以降30分ごとに100円追加)
場所 弘前市亀甲町61
お問い合わせ TEL:0172-39-1511
津軽藩ねぷた村ホームページ
備考 さくらまつり期間中は公園駐車場として200台を収容できます。 また、津軽の民工芸品や津軽三味線の演奏体験なども行え、お土産品も充実しています。
利用時間は5:00~23:00
※中型以上のバスはターミナルとして利用いただき(1回2,200円)、岩木川上流のバスプールへ駐車していただくこととなります。

臨時無料駐車場

富士見橋

場所 弘前市和田町
利用時間 9:00~18:00
お問い合わせ TEL:0172-37-5501
備考 弘前公園まで徒歩で約20分。
大型車は除きます。また、川が増水した時には閉鎖されます。

岩木橋

場所 弘前市樋の口町
利用時間 9:00~18:00
お問い合わせ TEL:0172-37-5501
備考 弘前公園まで徒歩で約20分。
大型車は除きます。また、川が増水した時には閉鎖されます。

「弘前さくらまつり・まち歩き無料シャトルバス」については、2018年からは運行しませんのでご注意ください。
※堀越雪置き場、さくら野百貨店、弘果弘前中央青果の臨時無料駐車場についても開設しません。

交通案内などのお問い合わせ先

弘前市観光政策課 TEL:0172-35-1111(代表)
弘前市立観光館 TEL:0172-37-5501

青森の郷土料理や地酒を楽しみながら、弘前城の桜を満喫しませんか?

弘前のお花見を楽しむなら、面倒なセッティングや後片付け不要の手ぶらで観桜会をチェック!

手ぶらで観桜会 2018年弘前さくらまつり期間限定企画 桜の名所弘前城 ちょっと贅沢なお花見プラン

動画で見る弘前さくらまつり(空撮映像)2018さくらまつり 花筏予報(弘前公園)

弘前公園に桜が植えられたのが1715(正徳5)年、藩士が京都の嵐山からカスミザクラなどを持ち帰ったのが始まりだといわれています。

その後、明治に入って荒れ果てた城内に1000本のソメイヨシノが植栽され、一部の士族から「城を行楽の地にするとは何事か」と引き抜かれることもありましたが、やがて明治維新の混乱も収まり1895(明治28)年には弘前城跡が公園として一般開放されました。

その後もソメイヨシノの植栽は続き、大正時代には弘前公園は見事な桜で埋め尽くされ、現在では約2600本の桜が一面に咲き誇り、西堀では桜がトンネルのように頭上を覆います。

→ 弘前さくらまつりに関する情報はこちら
→ 弘前公園・弘前城へのアクセス方法はこちら