ソメイヨシノだけじゃない!! RINGOMUSUME彩香と巡る、弘前公園の桜

投稿 2019.05/06

みなさんこんにちは!
私は地元・弘前の農業活性化アイドル・RINGOMUSUME彩香(さいか)です。

弘前さくらまつり、楽しんでいますか?
「日本一の桜」とも称される弘前の桜は、私たち地元民の誇りであり、世界中から観光客の皆さんが訪れてくれて、とっても嬉しいです。

ところで皆さん、弘前公園の桜といえば何を思い浮かべますか?

 

こ〜んな桜のトンネルや!!

 

 

ライトアップされて水鏡が美しい夜桜!!

 

 

舞い散った花びらのアート・花筏(はないかだ)!!

などなど、本当に春の弘前は見所が多いですよね。

 

 

約2,600本の桜が咲いているといわれる弘前公園ですが、私たちにも馴染み深く、最も数が多いのがソメイヨシノです。モコモコした可愛らしい桜は見応えたっぷりで、いつまでも見ていたくなりますよね。

でもでも、弘前公園の桜の魅力はこれだけじゃないんです。弘前公園では、なんと52種類もの桜が見られる有数の桜スポットであることを知ってましたか?まだまだこれから満開を迎える桜も数多く、ソメイヨシノとはまた違った魅力があります。

これだけの桜が咲き誇っているのに、見ないで帰るのはもったいない!!ということで、今回は弘前公園にある遅咲きの桜を中心に、見所をご紹介します。

スポンサーリンク

シダレザクラに黄色い桜、弘前限定の桜も!

まずオススメしたいのがこちら!「八重紅枝垂(やえべにしだれ)」。本丸・二の丸・市民広場など複数のエリアで咲いているので、見たことがある人も多いのではないでしょうか。

 

 

名前の通り八重咲き(花弁が重なって咲くこと)になっていて、柳のように垂れた様子がとても美しいシダレザクラです。ピンク色の濃さも開花状況によって変わるので、訪れるたびに違う様子を見ることができますよ。
(2019年5月3日:満開)

 

 

二の丸・ピクニック広場・四の丸エリアにある「関山(かんざん)」はヤエザクラの名前で、重なったピンクの花びらが綺麗な桜。特に四の丸の関山は両脇に植えられていて、アーチ状の桜を楽しむことができるのでオススメです。
(2019年5月6日時点:5分咲き)

 

 

遅咲き桜でも絶対に見てほしいのが「弘前雪明かり」。こちらは弘前にしかない、とても貴重な桜です!白いモコモコした花が特徴で、太陽に照らされて輝く姿は一見の価値あり。ピクニック広場・北の郭で見ることができますよ。(2019年5月5日:満開)

 

 

黄色に咲いた花が特徴的な須磨浦普賢象(すまうらふげんぞう)。小さく咲いた花が可愛く、咲き終わりにはだんだんとピンクになるというから驚きです。北の郭・ピクニック広場等のエリアで見られるので、ぜひ見つけてくださいね。(2019年5月6日現在:咲き始め)

 

 

北の郭にひっそりと咲いている「ファーストレディ」もオススメです。名前の通り女性らしい華やかさをもつ桜で、中心に向かってピンクの濃さが増しているので深みがありますね。(2019年5月2日:満開)

 

 

隠れた桜の名所、弘前城植物園!

園内にある弘前城植物園は1,500種124,000本の草木を誇り、特に秋の紅葉シーズンは多くの人で賑わいますが、実は桜の隠れた名所であることを知っていましたか?

ビックリなのは植えてある桜の品種数で、なんと園内に咲く52種類中39種類の桜を見ることができるんです!効率よく色々な品種の桜が見たい人には特にオススメ!その中から特に好きな桜をピックアップしてご紹介します。

 

 

オオカンザクラ」は私が今まで見た桜の中でも上位に入るくらい濃いピンクで、園内でもひときわ目立っていました。しっかり色づいているピンク色は美しさだけではなく、力強ささえ感じます。

 

 

なんと、早咲きで有名な「カワヅザクラ」も見ることができます。河津の桜は2月頃に見頃を迎えますが、同じ品種でも弘前では4月末に見頃を迎えるんですね。ピンク色の花がとっても可愛らしいです。

 

 

この桜は「アメリカ」という品種で、その名の通りアメリカからはじまった桜といわれています。花びら一枚一枚が大きくて迫力があり、他の桜と比べてダイナミックに見えますよ。

 

 

見てください、このピンクの綺麗な桜たちを。この他にも個性豊かで美しい桜の品種がいっぱい。植物園は同じエリアに異なる品種の桜が植えてあるので、お気に入りの桜を探してみるのも面白いですよ。

 

 

満開のソメイヨシノもいいですが、5月になっても弘前公園の桜は美しい桜がいっぱい!今からでも遅くないので、ぜひ遅咲きの桜を見に来てくださいね。

そして、来年の弘前さくらまつりではソメイヨシノ以外の桜にも注目してくれたら嬉しいです。それでは、また!

≫ RINGOMUSUME|りんご娘 公式ウェブサイト

タグ: , , , , , , ,

PR

動画で見る弘前さくらまつり(空撮映像)2019さくらまつり 花筏予報(弘前公園)

弘前公園に桜が植えられたのが1715(正徳5)年、藩士が京都の嵐山からカスミザクラなどを持ち帰ったのが始まりだといわれています。

その後、明治に入って荒れ果てた城内に1000本のソメイヨシノが植栽され、一部の士族から「城を行楽の地にするとは何事か」と引き抜かれることもありましたが、やがて明治維新の混乱も収まり1895(明治28)年には弘前城跡が公園として一般開放されました。

その後もソメイヨシノの植栽は続き、大正時代には弘前公園は見事な桜で埋め尽くされ、現在では約2600本の桜が一面に咲き誇り、西堀では桜がトンネルのように頭上を覆います。

→ 弘前さくらまつりに関する情報はこちら
→ 弘前公園・弘前城へのアクセス方法はこちら

手ぶらで観桜会 2020年弘前さくらまつり期間限定企画 桜の名所弘前城 ちょっと贅沢なお花見プラン

青森の郷土料理や地酒を楽しみながら、弘前城の桜を満喫しませんか?

弘前のお花見を楽しむなら、面倒なセッティングや後片付け不要の手ぶらで観桜会をチェック!