2013年5月7日今日から「準まつり体制」 5月8日まで弘前の桜が楽しめる

投稿 2013.05/07

2013_0506_232013_0506_112013_0506_10

弘前の桜、2013年5月12日まで楽しめるようになりました。※2013年5月8日更新

弘前さくらまつり2013は、今年の桜の遅咲きに対応し「準まつり体制」(2013年5月7日~5月8日まで)と「まだまだ咲いてる桜キャンペーン」(2013年5月9日~5月12日まで)を行い、弘前公園・弘前城の桜をいつもよりも長く楽しんでいただけるようになります。
詳しくは5月12日まで延長ページをご覧ください。

準まつり体制について

  • 弘前さくらまつり本部(5/8まで)
  • ライトアップ(5/8、22:00まで)
  • 露店・出店の営業(5/8まで自主営業)
  • 観光ボランティアガイド(※追手門側テントのみ5/8まで延長します)
  • 西堀ボート(5/8まで延長)
  • 与力番所の抹茶(5/8まで延長)
  • 北の郭・武徳殿休憩所(※5/7、5/8は9:00~19:00)
  • 公園物産館(賀田橋近く)(※5/7、5/8は9:00~19:00まで)
  • さくらまつり無料臨時駐車場 富士見橋臨時駐車場(5/8まで延長)

※弘南バスの運賃100円に割引や、100円バスの時間帯延長、無料臨時駐車場の岩木橋臨時駐車場、車いす応援隊、演芸場などは5/6で終了となります。
※あくまで「準まつり体制」となりますので、この他にも弘前さくらまつり期間と異なる時間体制の施設もございます。
また、露店や駐車場の減少などの可能性もあります。

詳しくは、下記までお問い合わせください。

準まつり体制についてのお問い合わせ先

弘前市観光政策課 TEL:0172-35-1128

※写真は2013年5月6日の弘前公園・弘前城の様子です。

スポンサーリンク

弘前さくらまつり2013フォトコンテストも期間が伸びました

弘前さくらまつり2013フォトコンテスト開催中!弘前市シティプロモーションのFacebookページにて、弘前さくらまつり2013フォトコンテスト開催中です。

内容
2013年の弘前さくらまつり(4月23日~5月8日までの弘前さくらまつり期間と準まつり期間)の弘前公園の様子を撮影し、Facebook上で投稿。
投稿していただいた方の中から、皆さまからの投票と、弘前市シティプロモーションの審査により入賞者を決定し、総額3万円相当の賞品をプレゼント。

※詳しくは弘前さくらまつり2013フォトコンテスト 紹介ページをご覧ください。

弘前さくらまつりギャラリー

弘前さくらまつりギャラリー弘前さくらまつりサイトでは、弘前城天守閣はもちろん、出店・露天の様子や夜桜の様子など、弘前さくらまつりの様子を写真でご紹介しております。
撮影のご参考にもぜひご覧ください!

→ 弘前さくらまつりギャラリーページを見る

スポンサーリンク

弘前公園撮影ポイント

弘前公園撮影ポイン弘前公園総合情報サイトでは、下乗橋や弘前城天守閣から臨む岩木山など、弘前公園の撮影ポイントを地図付きでご紹介しております。
こちらも併せてご覧ください!

→ 弘前公園撮影ポイントページを見る(別サイト)

PR

動画で見る弘前さくらまつり(空撮映像)2019さくらまつり 花筏予報(弘前公園)

弘前公園に桜が植えられたのが1715(正徳5)年、藩士が京都の嵐山からカスミザクラなどを持ち帰ったのが始まりだといわれています。

その後、明治に入って荒れ果てた城内に1000本のソメイヨシノが植栽され、一部の士族から「城を行楽の地にするとは何事か」と引き抜かれることもありましたが、やがて明治維新の混乱も収まり1895(明治28)年には弘前城跡が公園として一般開放されました。

その後もソメイヨシノの植栽は続き、大正時代には弘前公園は見事な桜で埋め尽くされ、現在では約2600本の桜が一面に咲き誇り、西堀では桜がトンネルのように頭上を覆います。

→ 弘前さくらまつりに関する情報はこちら
→ 弘前公園・弘前城へのアクセス方法はこちら

手ぶらで観桜会 2020年弘前さくらまつり期間限定企画 桜の名所弘前城 ちょっと贅沢なお花見プラン

青森の郷土料理や地酒を楽しみながら、弘前城の桜を満喫しませんか?

弘前のお花見を楽しむなら、面倒なセッティングや後片付け不要の手ぶらで観桜会をチェック!