弘前城菊と紅葉まつり企画「弘前城写真コンテスト」作品募集中!

投稿 2013.05/04

hirosakipark_contest弘前城菊と紅葉まつり運営委員会では、弘前公園で撮影された、写真作品を募集しております。

特選に選ばれた方には、10万円相当の一眼レフカメラおよび賞状と2万円相当の副賞が贈られます。

入賞作品は、弘前城菊と紅葉まつり期間、弘前公園内に展示されます。

弘前公園で撮影されたものであれば、内容は問いません。
お一人、3点までで、自作、未発表のもの。
プロでもアマチュアでも構いません。

弘前公園の四季の美しさと素晴らしさを、1枚の写真を通して伝えてみませんか?

2012年の入賞作品
弘前観光コンベンション協会 秋のイベントページの下の方に、平成24年度 弘前城菊と紅葉まつり企画『弘前城写真コンテスト』入賞作品が掲載されております。

募集資格 プロ・アマ・国籍を問いません
応募規定 1. 弘前公園で撮影されたものであれば、内容は問いません
2. カラープリント、四つ切りおよび四つ切りワイドサイズとします。
3. 1人3点まで。自作、未発表の応募とします。(組写真不可)
4. 写真の題名、住所、氏名、年齢、性別、職業(学生の場合は学校名と学年)、電話番号を記入した用紙を写真の裏面に貼り付け、下記の応募先まで郵送またはご持参ください。
特選 1点
(キヤノンプレシジョン賞)
賞状
キヤノンプレシジョン(株)より10万円相当の一眼レフカメラ
20,000円相当の副賞
入選 2点 賞状
10,000円相当の副賞
佳作 7点 賞状
3,000円相当の副賞
応募締切 平成25年8月31日(土)必着
審査員 主催者側で厳正に審査いたします。
発表 平成25年10月(予定)に新聞紙上で記事発表され、入賞作品は、弘前観光コンベンション協会のホームページで掲出する他、弘前城菊と紅葉まつり期間、弘前公園内に展示されます。

入賞者には直接通知いたします。

作品取扱 1. 入賞作品は、返却いたしませんが、選外の作品はお返しいたします。

2. 入賞作品の版権は主催者に帰属し、ネガ、ポジ、デジタルデータをご提供いただきますが、使用後にお返しいたします。

3. また応募作品の一部は、本人の了解を得て、弘前の観光ガイドに使用されます。

主催 弘前城菊と紅葉まつり運営委員会
協賛 キヤノンプレシジョン株式会社
応募先・問い合わせ 弘前城菊と紅葉まつり運営委員会 事務局

(社)弘前観光コンベンション協会「弘前城写真コンテスト」係
〒036-8588 青森県弘前市下白銀町2-1
TRL 0172-35-3131
FAX 0172-35-3132

弘前さくらまつりギャラリー

弘前さくらまつりギャラリー弘前さくらまつりサイトでは、弘前城天守閣はもちろん、出店・露天の様子や夜桜の様子など、弘前さくらまつりの様子を写真でご紹介しております。
撮影のご参考にもぜひご覧ください!

→ 弘前さくらまつりギャラリーページを見る

弘前公園撮影ポイント

弘前公園撮影ポイン弘前公園総合情報サイトでは、下乗橋や弘前城天守閣から臨む岩木山など、弘前公園の撮影ポイントを地図付きでご紹介しております。
こちらも併せてご覧ください!

→ 弘前公園撮影ポイントページを見る(別サイト)

PR

動画で見る弘前さくらまつり(空撮映像)2019さくらまつり 花筏予報(弘前公園)

弘前公園に桜が植えられたのが1715(正徳5)年、藩士が京都の嵐山からカスミザクラなどを持ち帰ったのが始まりだといわれています。

その後、明治に入って荒れ果てた城内に1000本のソメイヨシノが植栽され、一部の士族から「城を行楽の地にするとは何事か」と引き抜かれることもありましたが、やがて明治維新の混乱も収まり1895(明治28)年には弘前城跡が公園として一般開放されました。

その後もソメイヨシノの植栽は続き、大正時代には弘前公園は見事な桜で埋め尽くされ、現在では約2600本の桜が一面に咲き誇り、西堀では桜がトンネルのように頭上を覆います。

→ 弘前さくらまつりに関する情報はこちら
→ 弘前公園・弘前城へのアクセス方法はこちら

手ぶらで観桜会 2019年弘前さくらまつり期間限定企画 桜の名所弘前城 ちょっと贅沢なお花見プラン

青森の郷土料理や地酒を楽しみながら、弘前城の桜を満喫しませんか?

弘前のお花見を楽しむなら、面倒なセッティングや後片付け不要の手ぶらで観桜会をチェック!