2017年5月5日付 弘前公園さくら情報(第23回)【弘前公園・弘前城】

投稿 2017.05/05

2017年5月5日付 弘前公園さくら情報(第23回)【弘前公園・弘前城】

弘前市公園緑地課より、弘前公園のさくら情報が発表されました!
(2017年5月5日 11時現在)

『染井吉野は葉桜となりましたが、八重紅枝垂は満開が続いています。遅咲き品種の桜が見頃を迎え、本丸・北の郭、ピクニック広場、弘前城植物園では各品種を楽しむことができます。』
(弘前市公園緑地課 発表)

※エリア別の詳しい開花状況はこちらから
※弘前さくらまつり関連イベントはこちらから

弘前城有料区域入場無料券プレゼント

2017年5月6日、7日に弘前城入園券を購入された方に、もう一度ご来園いただけるよう無料入場券をプレゼントいたします。

2017年5月5日  16時頃 弘前公園の様子

弘前さくらまつりも残すところあと3日。遅咲きの桜各種が見頃を迎えています。

八重紅枝垂(ヤエベニシダレ)【弘前公園・弘前城】
八重紅枝垂(ヤエベニシダレ)

東錦(アズマニシキ) 【弘前公園・弘前城】

東錦(アズマニシキ)【弘前公園・弘前城】
東錦(アズマニシキ)
関山(カンザン)【弘前公園・弘前城】
関山(カンザン)
2鬱金(ウコン) 【弘前公園・弘前城】
鬱金(ウコン)
寒緋桜(カンヒザクラ) 【弘前公園・弘前城】
寒緋桜(カンヒザクラ)
横浜緋桜(ヨコハマヒザクラ)【弘前公園・弘前城】
横浜緋桜(ヨコハマヒザクラ)

弘前公園 2017 桜の開花状況

(園内の平年開花日は4月23日)

ヤエベニシダレ 現在の状況
本 丸、ピクニック広場、市民広場 満開
ソメイヨシノ 現在の状況
園内(全体) 葉桜

その他の品種の開花状況・予想

弘前公園内ではソメイヨシノのほかに、小福桜や八重桜など数種類の桜があります。
»弘前公園の桜の種類について

最古のソメイヨシノ(二の丸) 8分散り
日本一太いソメイヨシノ
(相談所裏)
葉桜
弘前雪明り(ピクニック広場) 満開
カスミザクラ(北の郭・南内門付近) 満開
鬱金(本丸・二の丸・ピクニック広場) 5~7分咲き
関山(二の丸・ピクニック広場・四の丸) 3~5分咲き
東錦(二の丸・ピクニック広場) 満開
寒緋桜(ピクニック広場) 満開
御車返し(ピクニック広場、東門付近) 満開
オオシマザクラ(ピクニック広場) 満開
ひよどり桜 7分咲き
普賢象(本丸・北の郭・ピクニック広場) 咲き始め
須磨浦普賢象(北の郭・ピクニック広場) 咲き始め

弘前城植物園の桜開花状況

満開 大寒桜、白妙、手毬、大明、八重紅大島、大提灯、日暮、ヤマザクラ、河津桜、福禄寿、一葉、水上
5~8分咲き 鬱金、御衣黄、楊貴妃、カスミザクラ、千里香、釧路八重、琴平
2~4分咲き 関山
咲き始め 兼六園菊桜、普賢象、天の川、数珠掛桜、須磨浦普賢象、紅時雨、松前紅玉錦

弘前さくらまつり関連イベント

2017年は弘前さくらまつりが始まってから100年目の年ということもあり、様々なイベントが催されます。

えんとつ町のプペル 光る絵本展 in弘前

えんとつ町のプペル 光る絵本展 in弘前

日時:4/29(土)~5/7(日)
会場:弘前公園市民広場
HP:http://www.city.hirosaki.aomori.jp/hdw/
お問合せ:弘前市広聴広報課/0172-40-0494

弘前公園中濠観光舟

弘前公園中濠観光舟
「柳川の川下り」で運行している「和船」と船頭によるお濠めぐりを楽しめます。
【運行期間】4/22~5/7
【運行時間】9:00~17:00 ※最終乗船は16:30まで
(ただし、天候・乗船者の状況により変更あり)
【乗船時間】
桟橋から出港から帰港までは約20分を予定
(天候、乗船者の状況により多少変更あり)
【のりば】
東内門石橋付近
【運行コース】
東内門前の石橋前乗船桟橋から辰巳櫓を曲がり、杉の大橋を潜り、折り返し来たコースを戻ります。
【乗船料】
中学生以上1,000円(税込)、小学生500円(税込)
就学前は、無料(保護者同伴に限ります)
【乗船定員】
20名(船頭、ガイド含む22名)
※就学前も1名と数えます。
【乗船ルール・お願い】
乗船については係員の指示に従ってください。
乗船される方は、必ず救命胴衣を着用してください。
水上で立ち上る等の行為は大変危険ですので、絶対にやめてください。
飲酒、酒気帯びでの乗船はできません。
途中下船はできません。
社会実験の為、アンケートへのご協力をお願いします。
乗船の雰囲気を高めるため、半纏をお貸しします。

弘前公園観光人力車

弘前公園観光人力車
【運行期間】
2017年4月22日(土)~11月15日(水)
※天候により営業期間は変更になる場合があります。
※荒天時は営業を見合わせることがあります。
【運行時間】9:00~16:00(最終乗車受付)
【乗車コース】
①弘前公園追手門→下乗橋
②弘前公園東 門→下乗橋
※各コースとも約15分程度の乗車となります。
【乗車料金】1台2,000円(税込)
【乗車定員】2名まで

弘前さくらまつり期間中のイベントについては、公益社団法人弘前観光コンベンション協会ホームページもご覧ください。
»公益社団法人弘前観光コンベンション協会 弘前さくらまつりページ

タグ: , , , , ,

PR

動画で見る弘前さくらまつり(空撮映像)2017さくらまつり 花筏予報(弘前公園)

弘前公園に桜が植えられたのが1715(正徳5)年、藩士が京都の嵐山からカスミザクラなどを持ち帰ったのが始まりだといわれています。

その後、明治に入って荒れ果てた城内に1000本のソメイヨシノが植栽され、一部の士族から「城を行楽の地にするとは何事か」と引き抜かれることもありましたが、やがて明治維新の混乱も収まり1895(明治28)年には弘前城跡が公園として一般開放されました。

その後もソメイヨシノの植栽は続き、大正時代には弘前公園は見事な桜で埋め尽くされ、現在では約2600本の桜が一面に咲き誇り、西堀では桜がトンネルのように頭上を覆います。

→ 弘前さくらまつりに関する情報はこちら
→ 弘前公園・弘前城へのアクセス方法はこちら

手ぶらで観桜会 2017年弘前さくらまつり期間限定企画 桜の名所弘前城 ちょっと贅沢なお花見プラン

青森の郷土料理や地酒を楽しみながら、弘前城の桜を満喫しませんか?

弘前のお花見を楽しむなら、面倒なセッティングや後片付け不要の手ぶらで観桜会をチェック!