2017年4月20日付 弘前公園さくら情報(第8回)【弘前公園・弘前城】

投稿 2017.04/20

弘前市公園緑地課より、弘前公園のさくら情報が発表されました!
(2017年4月20日 11時現在)

『本日、桜のトンネルのソメイヨシノが開花しました。今後1週間の前半の気温が平年並みから低くなると予想されているため、園内(標準木)の満開予想は4月25日頃となりました。』
(弘前市公園緑地課 発表)

弘前公園 2017 桜の開花予想・開花状況

(園内の平年開花日は4月23日)

ソメイヨシノ 現在の状況 予想開花日 予想満開日
園内(標準木) 1分咲き 4月25日
外濠(南・東側) 1分咲き 4月24日
外濠(北側) 咲き始め 4月25日
西濠西岸(左岸) 1分咲き 4月25日
桜のトンネル 本日開花 4月26日

※ ソメイヨシノの満開は平均3日間続き、その後3日間は花吹雪と花筏が見られます。

ヤエベニシダレ 現在の状況 予想開花日 予想満開日
本丸 つぼみ 4月24日 4月29日

今後の天候や気温の推移により桜の開花状況には変動がありますのでご了承ください。

現在の桜の開花状況

弘前公園内ではソメイヨシノのほかに、小福桜や八重桜など数種類の桜があります。
»弘前公園の桜の種類について

その他の品種の開花状況・予想

子福桜(北の郭館神跡) 8分咲き
弘前シダレ(本丸) 5分咲き
御滝桜(本丸) 咲き始め
エドヒガン(市民広場) 7分咲き
日本一太いソメイヨシノ(相談所裏) 咲き始め
最古のソメイヨシノ(二の丸) 4月21日頃

弘前城植物園の桜開花状況

満開 ヤブザクラ、エゾヤマザクラ
5~8分咲き 十月桜、啓翁桜、オカメ、エドヒガン
2~4分咲き 子福桜、飯田吉野、乙女東彼岸、シダレザクラ
咲き始め 小彼岸、ソメイヨシノ

2017年4月20日 13時頃 弘前公園の様子

弘前公園 本丸 弘前シダレ
通常のシダレザクラより開花の早い、本丸の弘前シダレ。
弘前公園 本丸 弘前シダレ
本丸の弘前シダレは、4/20現在で5分咲きとなっています。
弘前公園 桜のトンネル
桜のトンネルも、本日開花が宣言されました。
弘前公園 西濠 ボートのりば
西濠のボートのりば付近の桜もほころびはじめています。
弘前公園 外濠 追手門付近
追手門付近の外濠の様子。桜の花が目立つようになってきました。

2017年 弘前さくらまつり

会期

2017年4月22日(土)~5月7日(日)

会場

弘前公園(国指定史跡「弘前城跡」)

有料区域および有料時間

●本丸・北の郭/7:00~21:00
●弘前城植物園/9:00~18:00(入園券の販売は、17:30まで)

入園料

●本丸・北の郭/大人310円 小人100円(団体料金:大人250円 小人80円)
●弘前城植物園/大人310円 小人100円(団体料金:大人250円 小人80円)
●共通券/大人510円 小人160円(団体料金:大人460円 小人130円)
(本丸・北の郭、弘前城植物園、藤田記念庭園)
※団体料金は10名様以上に適用。

夜間特別照明

まつり期間中、夜間特別照明を実施します。
●日没~22:00(予定)
4/21~点灯

弘前さくらまつり期間の交通情報

さくらまつりの時期は、弘前公園周辺は大変混雑します。
弘前さくらまつり期間の交通情報の詳細はこちら
また、弘南鉄道大鰐線をご利用いただくと、有料エリアが無料となるサービスも実施中です。
»弘南鉄道大鰐線に乗って弘前公園へ!「弘前さくらまつり」の入園料が無料になります

露店・出店の営業

4/22~5/7 9:00~21:00
園内約200店
4/21~自主営業開始

観光ボランティアガイド

【受付場所・活動期間】
■追手門:4/22~5/7
■東門:4/22~5/7
※まつり期間中の予約はできません。上記の各門を入るとテントがありますので直接お越し下さい。
※まつり期間中以外については、お問い合わせください。
【問合せ】弘前観光コンベンション協会
TEL.0172-35-3131

車椅子ボランティア「車椅子応援隊」

(車椅子の貸出しや介助:無料)
【活動期間】まつり期間 4/22~5/7
【貸出場所】東門・亀甲門・追手門・緑の相談所近くの各テント
【時間】9:00~16:00(貸出のみは21:00 まで可)
【問合せ】弘前市社会福祉協議会
TEL.0172-33-2039
※借りたテントと返却テントは異なっても構いません。
※予約はできませんのでご了承下さい。
※雨天時は活動を見合せる場合があります。

西濠ボート

【営業期間】4/22~5/7
【営業時間】9:00~17:00
※初日は、9:00~安全祈願祭後営業
【料金】60分 ¥1,000
※雨天時、営業を見合せる場合あり。
※救命胴衣の着用をお願いします。(大人小人共通)
※定員は3名です。(大人小人共通)
※危険行為、飲酒後の乗船は禁止します。

弘前公園中濠観光舟

「柳川の川下り」で運行している「和船」と船頭によるお濠めぐりを楽しめます。
【運行期間】4/22~5/7
【運行時間】9:00~17:00 ※最終乗船は16:30まで
(ただし、天候・乗船者の状況により変更あり)
【乗船時間】
桟橋から出港から帰港までは約20分を予定
(天候、乗船者の状況により多少変更あり)
【のりば】
東内門石橋付近
【運行コース】
東内門前の石橋前乗船桟橋から辰巳櫓を曲がり、杉の大橋を潜り、折り返し来たコースを戻ります。
【乗船料】
中学生以上1,000円(税込)、小学生500円(税込)
就学前は、無料(保護者同伴に限ります)
【乗船定員】
20名(船頭、ガイド含む22名)
※就学前も1名と数えます。
【乗船ルール・お願い】
乗船については係員の指示に従ってください。
乗船される方は、必ず救命胴衣を着用してください。
水上で立ち上る等の行為は大変危険ですので、絶対にやめてください。
飲酒、酒気帯びでの乗船はできません。
途中下船はできません。
社会実験の為、アンケートへのご協力をお願いします。
乗船の雰囲気を高めるため、半纏をお貸しします。

弘前公園観光人力車

【運行期間】
2017年4月22日(土)~11月15日(水)
※天候により営業期間は変更になる場合があります。
※荒天時は営業を見合わせることがあります。
【運行時間】9:00~16:00(最終乗車受付)
【乗車コース】
①弘前公園追手門→下乗橋
②弘前公園東 門→下乗橋
※各コースとも約15分程度の乗車となります。
【乗車料金】1台2,000円(税込)
【乗車定員】2名まで

与力番所の抹茶

【営業期間】4/22~5/7
【営業時間】9:00~17:00
【料金】一服 ¥540(税込)

下乗橋前休憩所(予約制)

【営業時間】10:00~20:00 1回 2時間
【料金】ゴザ貸出料(必須) 1枚 ¥500
【申込み・問合せ】
(公社)弘前観光コンベンション協会
TEL.0172-35-3131
※1ヶ月前から予約開始

園内の貸しゴザ

【貸出場所】
■下乗橋前休憩所(4/22~5/7)、
■本丸(4/22~5/7)
【貸出時間】10:00~20:00
【料金】1枚 ¥500(1畳サイズ、1~2名)

北の郭・武徳殿休憩所

【営業期間】4/22~5/7
【営業時間】7:00~21:00

公園物産館(賀田橋近く)

【営業期間】4/22~5/7
【営業時間】9:00~21:00

観光・宿泊のお問合せ

弘前市立観光館 TEL.0172-37-5501
弘前市観光案内所 TEL.0172-26-3600
弘前市旅館ホテル組合 TEL.0172-34-2657

弘前さくらまつりを楽しむために、是非こちらもご覧ください!

弘前さくらまつりの「禁止事項」と「お花見の楽しみ方」

タグ: , , , , , ,

PR

動画で見る弘前さくらまつり(空撮映像)2017さくらまつり 花筏予報(弘前公園)

弘前公園に桜が植えられたのが1715(正徳5)年、藩士が京都の嵐山からカスミザクラなどを持ち帰ったのが始まりだといわれています。

その後、明治に入って荒れ果てた城内に1000本のソメイヨシノが植栽され、一部の士族から「城を行楽の地にするとは何事か」と引き抜かれることもありましたが、やがて明治維新の混乱も収まり1895(明治28)年には弘前城跡が公園として一般開放されました。

その後もソメイヨシノの植栽は続き、大正時代には弘前公園は見事な桜で埋め尽くされ、現在では約2600本の桜が一面に咲き誇り、西堀では桜がトンネルのように頭上を覆います。

→ 弘前さくらまつりに関する情報はこちら
→ 弘前公園・弘前城へのアクセス方法はこちら

手ぶらで観桜会 2017年弘前さくらまつり期間限定企画 桜の名所弘前城 ちょっと贅沢なお花見プラン

青森の郷土料理や地酒を楽しみながら、弘前城の桜を満喫しませんか?

弘前のお花見を楽しむなら、面倒なセッティングや後片付け不要の手ぶらで観桜会をチェック!