石橋 (イシバシ)

更新日:2012年03月31日(土)

城内唯一の石橋

弘前城(弘前公園)の石橋

中濠を隔て、二の丸と三の丸に架かります。1848年(弘化5年)、それまでの土橋が架け替えられ、今に見られるような姿となりました。城内では唯一の石造りの橋です。

弘前城(弘前公園)の石橋

橋の周辺

二の丸側には橋を渡るとすぐに東内門が構えます。三の丸側には東屋があり、この周辺は木々が多いため、四季の表情豊かな隠れ家的スポットとなっています。

<看板内容>

東内門外橋(石橋)
城内では唯一の石で造られた橋で、弘化五年(一八四八)にそれまでの土橋を掛替えた。
二の丸側の大イチョウは、すべての葉が落ちると里に初雪がふると言伝えられている。また北側の濠には、古代蓮として有名な「大賀ハス」が植えられている。

基本情報

架け替え 1847年
橋の長さ 3.84メートル
橋の幅 3.84メートル

位置


より大きな地図で 石橋 を表示

写真でみる

弘前城(弘前公園)の石橋

ダムの仕組み

石橋をはさんで、同じ中濠でも両側の水位は異なっています。写真手前に見える濠は、水位の低い方です。
橋の真下がちょうどダムのような構造をしており、水位が調節される仕組みとなっているようです。


弘前城(弘前公園)の石橋の欄干

ゆるやかな曲線手

欄干(らんかん)はゆるやかな曲線を描いており、モダンな印象を受けます。これが藩政時代に作られたものだというのだから驚きです。


弘前城(弘前公園)の石橋の橋げた

橋げた

もちろん、橋げたも石造り。興味のある方は隅々見てまわってみてはいかがでしょうか。

周辺施設・スポット

弘前城(弘前公園)の東内門

東内門

三の丸東門から本丸に向かうと、ほぼ一直線上にあるのがこの東内門です。 南内門とともに、二の丸に現存する2つの城門となります。
詳しく見る


弘前城(弘前公園)の弘前城植物園

弘前城植物園

園内には、1500種、12万4000本の樹木などを植えており、四季折々の草花、庭園なども楽しめます。
詳しく見る


弘前城(弘前公園)の与力番所

与力番所

上級武士に仕えていた人々のことを与力といい、その与力が見張り役として警備をした詰所(番所)を与力番所といいます。
詳しく見る


弘前城(弘前公園)の正徳5年のカスミザクラ

正徳5年のカスミザクラ

1715年(正徳5年)に藩士が京都から桜の苗木を25本持参し、城内に植えたものの1本です。毎年美しい花を咲かせます。
詳しく見る

最寄りの出口

弘前城(弘前公園)の東門口

東門口

追手門口と同様に、ここから入城する観光客も多くいます。まっすぐ進めば、どの出入り口よりも早く天守閣を見ることができます。
東門口の付近には、津軽為信公銅像で有名な「弘前文化センター」があります。文化センターには駐車場がありますし、その周辺には路線バスと100円バスの停留所があります。

最寄のトイレ


より大きな地図で 東内門前トイレ を表示

東内門前トイレ

三の丸から東内門をくぐり二の丸へ入ると、左手にあります。
トイレの標識は、人々に解りやすい標識でありながら、公園の景観を損なわないデザインになっております。

橋一覧

弘前城(弘前公園)の杉の大橋

杉の大橋

杉の大橋は、二の丸と三の丸を隔てる内濠に架かります。

詳しく見る

弘前城(弘前公園)の下乗橋

下乗橋

下乗橋は、本丸と二の丸を隔てる中濠に架かります。

詳しく見る

弘前城(弘前公園)の鷹丘橋

鷹丘橋

鷹丘橋は、本丸と北の郭を隔てる中濠に架かります。

詳しく見る

弘前城(弘前公園)の波祢橋

波祢橋

波祢橋は、四の丸と北の郭に、二階堰川を隔て架かります。

詳しく見る

弘前城(弘前公園)の春陽橋

春陽橋

春陽橋は、西濠の北側に架かる、園内最長の橋です。

詳しく見る

弘前城(弘前公園)の賀田橋

賀田橋

賀田橋は、三の丸と四の丸を隔てる二階堰川に架かります。

詳しく見る

弘前城(弘前公園)の亀甲橋

亀甲橋

亀甲橋は、亀甲町から北門へと架かる橋です。

詳しく見る

弘前城(弘前公園)の一陽橋

一陽橋

一陽橋は、藩政時代にはなかった橋ですが、通行の利便性のために架橋されました。

詳しく見る

弘前城(弘前公園)の石橋

石橋

石橋は、二の丸と三の丸を隔てる中濠に架かる、園内で唯一、石で造られた橋です。

詳しく見る


[更新日:2012-03-31| カテゴリー: ]
PR