お手持ちのスマートフォンを使って撮影を楽しむ!【弘前さくらまつり2016】

更新日:2016年04月26日(火)

16-04-26-20-28-21-527_deco

連日、たくさんの人で賑わっている「弘前さくらまつり」。

ひとたび弘前公園を巡ってみれば、たくさんのカメラを構えた人が桜を撮影しています。

「綺麗な写真を撮りたいけど、一眼レフのような性能の良いカメラは持ってないし…」

そんな方でも、大丈夫!

スマートフォンを使って、一味違う「弘前の桜」を撮影をしてみませんか?

今回は、スマートフォンの機能やアプリを使って弘前公園を撮影したものをご紹介します!

▼「パノラマ撮影」で「弘前の桜」を撮影をしてみた

弘前公園・追手門付近

写真は、スマートフォンの「パノラマ撮影」機能を使って弘前公園・追手門付近の外濠を撮影したものです。

「パノラマ撮影」機能を使えば、お濠と追手門全体を映すことも容易にできます♪

桜と岩木山と弘前城天守もこの通り!

桜と岩木山と弘前城天守

曳屋工事で仮天守台に移動し、今年からは桜と岩木山と弘前城天守が見られるようになりましたが、こちらも本丸にある特設ステージから「パノラマ撮影」をしてみました。

通常のカメラモードで撮影すると、右のような感じ。

比べてみると、「パノラマ撮影」で撮影するとより桜が映えて広大な光景が撮影できると思いませんか?

s-DSC_1735

西濠の撮影にもオススメ!

「パノラマ撮影」は、弘前公園・西濠の撮影にもオススメ!

▼弘前公園・西濠(2016年4月24日6:30頃)
弘前公園・西濠(2016年4月24日6:30頃)
▼弘前公園・西濠(2016年4月25日21:00頃)
弘前公園・西濠(2016年4月25日21:00頃)

春陽橋から、ぜひ「パノラマ撮影」を試してみてくださいね♪

▼「タイムラプス」機能で「弘前の桜」を撮影をしてみた

上記の動画は、スマートフォンの「タイムラプス」機能で弘前公園・一陽橋口付近から西濠の春陽橋を撮影したものです。

通常のムービーを撮るより、面白い映像を撮ることができますよ♪

(Androidでも、アプリをダウンロードすれば「タイムラプス」動画を撮影できます)

「死ぬまでに行きたい!世界の絶景」にも選ばれた花筏(はないかだ)も

近年話題の弘前公園、外濠で見られる花筏(はないかだ)も「タイムラプス」機能で撮影してみました!

他にも、花吹雪を撮影してみてもいいかもしれません♪

▼ARアプリ「街めぐ~弘前編~」を試してみた

ARアプリ「街めぐ~弘前編~」

今年2016年の弘前さくらまつりから、弘前公園の観光アプリ「街めぐ~弘前編~」が配信されました!

このアプリでは、弘前公園内の6か所でAR(拡張現実)撮影が可能なのだそうです。

天守台に弘前城天守を復活させることができたり、弘前市のゆるキャラ・たか丸くんと撮影することができますよ★

ARアプリ「街めぐ~弘前編~」

是非、アプリをインストールして弘前公園散策を楽しんでみてはいかが?

「街めぐ~弘前編~」の詳細はこちら(弘前市HP)

※弘前公園内では、公衆無線LAN(Hirosakicity_Free_Wi-Fi)がご利用いただけます。
「Hirosakicity_Free_Wi-Fi」の詳細はこちら(弘前市HP)

いろんな「弘前の桜」を撮影してみよう!

▼弘前公園 外濠北側と岩木山(2016年4月24日7:00頃撮影)
弘前公園 外濠北側と岩木山
▼弘前公園 外濠の花筏(はないかだ)(2016年4月26日16:00頃撮影)
弘前公園 外濠の花筏(はないかだ)

いかがでしたか?

今回載せているものは全てスマートフォンで撮影したものです!(使用機種:Xperia Z4)

スマートフォンの機能やアプリを使えばさらに桜の撮影が楽しめるのではないでしょうか。

写真加工アプリを使用してみるのもいいかもしれませんね。

お手持ちのスマホの機能をフルに使って、いろんな「弘前の桜」を撮影してみてくださいね!

▼2016年弘前さくらまつりの様子、桜の開花状況や写真はこちらからどうぞ

弘前さくらまつり2016

マナーを守ってさくらまつりを楽しみましょう

弘前公園を訪れる前に一読!

みんなで楽しく気持ち良く楽しんでもらうために、弘前公園総合情報サイトではさくらまつり期間中の禁止事項、配慮したいこと、そして楽しみ方を紹介しています。

▼是非こちらもご覧ください!
ameman_eyecatch_201604


PR